ヨッピーノ模型日記

主に動画の補足や、ミニ四駆等の作製日記や感想を書いてます。
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.09.24 22:53|カテゴリ:ミニ四駆| コメント(-)

プロトセイバーJB【研ぎ出し編】 ④


こんばんわ、ヨッピーノです。

今回は、研ぎ出しというものを行ってきたいと思います。

実は、つい最近この「研ぎ出し」という行為があることを知り、目からウロコでした。
子供の頃は、まったく知らなかったので、新鮮です。

では早速はじめていきたいと思います。
まずは、研ぎ出しに必要な道具を買ってきました。

0027.jpg

本当はもう少し必要なのですが、紙やすりの裏にこんな注意書きが・・・

0032.jpg

どうやらアクリル塗料は塗膜が弱く、研ぎ出しにはあまり向かないようです。
エナメル塗料にいたっては、できないとのこと。

ただ、できないとは書いていないので、とりあえずはこの道具でチャレンジです。

まずは、このクリアーを全体に薄くエアブラシで塗装していきます。

0022.jpg

2回くらい上塗りしたら、乾燥させます。水性塗料の乾燥時間は1週間くらいとのことです。

そして乾燥したら、2000番の紙やすりを水につけて、その後に塗装した箇所に軽く当てていきます。ただ、猛烈に不安でたまりせんでした。

なんせ紙やすりは、塗装前にかけるものと認識していたので、
「塗装・・・絶対剥げるよなぁ。」
と思い、おそるおそる軽く当てていきます。

すると、確かに表面がサラサラになった気が・・・
ただ自分はヘタレなので、少し当てて次の工程に進みました。

次にコンパウンドという用品を使っていきます。
コンパウンドとは、研磨材が入ったクリーム状のもので、目の細かいタオルなどにつけて対象の表面を削る用品です。

実はコンパウンドの存在は知っていたのですが、てっきり車などの金属にしか使えないのかと思っていたけど、プラモ用のものがあるとは・・・知らなかったです。

早速ヌリヌリしていきます。

0029.jpg

こちらも力をいれず、優しく表面をなでていきます。
しばらくナデナデしていると・・・「あれ?」急にサラサラな感じになりました。
何とも言えない感触なのですが、終わった合図的な?そんな感じでした。

これを全体にやっていき、終わったら水でコンパウンドを流して終了です。

本来は紙やすりの目を徐々に細かくしていき、コンパウンドも細めの後に仕上げ用のものを使うらしいのですが、水性塗料なのでこれくらいにしておきます。

次は完成編となります。

スポンサーサイト
ツイート
プロフィール

ヨッピーノ

Author:ヨッピーノ
性別 :男
年齢 :30代

10代の頃、ミニ四駆やガンプラが好きでよく作っていました。

ふとしたきっかけがあって、模型熱が再発し復帰しました。
今は主に鑑賞用のミニ四駆を作製中です。
初心者ですが頑張って色々勉強していき、いいプラモデルライフを送りたいです。

YOUTUBEチャンネルを設立しました。
良かったら登録お願いします。

ヨッピーノチャンネル

最近ツイッターも始めました。

ツイッター

管理人にメール


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。